本文へ移動
http://yamamoto-chaho.jp/files/libs/12/201310241501031341.jpg
  ♡ 幸せ茶 ♡ 
担当:たなかたつや 山本茶舗 facebookやってます!お茶のことや、ほかの事についても投稿してます!https://www.facebook.com/山本茶舗-1432484247042335/
 
山本茶舗
〒680-0805
鳥取市相生町4丁目401-17
TEL.FAX 0857-22-3505

煎茶・抹茶・玄米茶・麦茶・ほうじ番茶・健康茶・烏龍茶・昆布茶・
菓子他

家庭用・業務用・贈り物
鳥取市内配達・地方発送致します
0
0
6
9
4
7

煎茶の淹れ方

美味しいお茶を淹れてみましょう。

誰でも淹れやすい

70〜80℃くらいのお湯(深蒸し茶、かぶせ茶の場合)

60℃以上のお湯で渋みの元であるカテキンがしみ出てくる煎茶は温度によって甘みと渋みを調整することができます。
甘めに淹れたいなら60℃より低めの温度でゆっくりと抽出

渋めがお好みの方は熱めのお湯でさっと出すといいでしょう。

ほどよい渋みと煎茶のあまみをバランスよく引き出すには70℃前後の湯加減で30~40秒ほど抽出のがおすすめです。

茶葉の量や温度はあくまでも目安ですので、色々試してみて自分が一番おいしいと思う量や温度を知りましょう。

すべての茶碗の濃度(色)が均一になるように少しずつ回して注ぐ、二煎目も美味しく淹れる為に最後の一滴まで注ぎきるのがポイントです

急須と人数分の茶碗に沸騰したお湯を注ぎます。
 
茶碗に淹れることで沸騰したお湯を適温まで下げる事が出来、茶碗をあたためる事もできます。
 
お茶の葉を急須にいれます。須の中のお湯を捨て、茶碗の中で冷ましたお湯を糸が引くように急須に移します。
 
茶葉が開くまで待ちます。
 
濃さが同じになるように、すこしずつ順番に廻し注ぎます。
この時最後の一滴までしっかりとしぼりきります。そうすることで2煎目、3煎目までおいしく淹れることができます。
ポイント1茶葉の目安は1人分が小さじ1杯。 1人前だけ淹れる場合は少し多めに。(茶葉は気持ち多めに入れるのがコツです。)
ポイント22煎目以降は、お湯の温度を高くし、浸出時間を短くするのがポイントです!
TOPへ戻る